フォトスポット: バンコク 美しき暁の寺のライトアップ

フォトスポット: バンコク 美しき暁の寺のライトアップ

タイ ・ バンコク の絶景をお届けします。

バンコク にはたくさんの寺院があります。

ワット・アルンもそのたくさんある寺院の中の一つ、ぐらいにしか思っていなかった(超失礼・・・ごめんなさい)のですが、たまたま飛行機に乗っている時に座席の前のモニターで夕景の写真を見かけて、これは見たい!と意気込んで見に行ってみました。

 

撮影地はこちら。

座標(13.745086, 100.490913)

 



ワット・アルンの、チャオプラヤ川を渡った対岸にある「Eagle Nest Bar」というルーフトップバーからの眺めです。

ちょっとわかりにくい細道沿いにあります。

チャオプラヤ川右岸(ワット・アルンの対岸)のフェリーターミナルからの道順だと、フェリーターミナルに背中を向けて右ななめ前方にGloria Jean’s Coffeeというカフェがあります。そのカフェの手前の細道(かなりの細道です)をだいたい150mぐらい(約2分)すすむと「Sala Arun B&B」という建物が右手に見えてきます。ここの5階がEagle Nest Bar」です。

エレベーターはないので、階段で5階まで頑張ってのぼって、到着です。

 

17時オープンなので、ベストポジションをとるなら、オープンぐらいの時間から席確保しに行ってもいいかもしれません。

 

わたしはちょっと出遅れてしまったので、夕日はほとんど沈んでしまいましたが、ほんのり薄明るいオレンジとピンクの夕焼けが綺麗でした。

バンコク

バンコク

 

日が沈んだら黄金色にライトアップされます。流れがあるので綺麗な形のリフレクションは見れませんが、川面の光の帯もなかなか良いものです。

バンコク

 

暗くなるとぶれやすいので、ミニ三脚的なものがあると良いかなと。

本格的な三脚は重たいので、私はこれ持ってます。

Amazon:フレキシブルミニ三脚

比較的軽いし、柵とかにもくくれて便利です。2kgまで載せられるみたいなので、軽めの一眼レフぐらいまでなら載せられます。スマホにも対応してるので、自撮り棒?がわりにも使えるっちゃ使えます。

宣伝しておきながらなんですが、この写真はビールグラスの上にカメラ載せて無理やり固定して撮りました。三脚持ってきてたのにホテルに忘れてきちゃったので・・・笑

 

 

さて、バンコクですが、日本各地から直行便が出ており、本数も多くLCCも飛んでいるので、比較的アクセスしやすいです。

 

関西国際空港発着便を利用した1泊4日の週末超弾丸プランを考えるとすると、

金曜日

23:45発タイ・エアアジアエックス便で出発

土曜日

04:40 バンコク ドンムアン空港着

→ バンコク 寺院巡り

→ バンコク 泊

日曜日

バンコク 市内観光

月曜日

00:55発のタイ・エアアジアエックス便で出発

→08:40関西国際空港着

ホイアン ランタン灯るノスタルジックな街でも書きましたが、飛行機が遅れない欠航しない・関空から会社が近い・あまり寝てなくても平気、体力がある・月曜日の午前中は半休しちゃう?

などなど、色々ハードルはあります。笑

ですが、行こうと思えば全然行けます。

 



=====コンサルティングサービス始めました=====

実際に行ってみたいと思った方、一緒にプラン作りませんか?

超弾丸コースから周遊コースまで、ご相談に乗ります。ぜひご覧ください!

 

ヨーロッパ個人旅行のプランニングをお手伝いします 世界遺産・グルメ等、やりたいことができる街を提案します東南アジア個人旅行のプランニングをお手伝いします 世界遺産・グルメ等、やりたいことができる街を提案します