「 英語 が苦手」だからこそ覚えたいフレーズ②〜道を聞くとき〜

「 英語 が苦手」だからこそ覚えたいフレーズ②〜道を聞くとき〜

ハローとサンキューぐらいしか 英語 を話せなかった私が、これが話せたら便利!と思うフレーズをご紹介する記事②です。

より丁寧な言い方やスマートな言い方など、言い方はいろいろありますが、とにかくシンプルで覚えやすく、そして通じるものです。

 

 

 

旅行・出張・帰省などに便利!skyticket.jpで最安航空券をすぐに検索♪

 

今回は、道を聞く時に「Excuse me ?」と一声かけた後のフレーズです。

道が聞けるようになると、海外旅行のハードルがちょっと下がりませんか?

道がわからない上に英語も苦手となると不安募るかと思うので、ぜひ覚えておいてください。

 

①Where am I ? 「ここはどこですか?」

②I want to go to <場所>. 「私は<場所>に行きたいです。」

③How can I get to <場所> ? 「<場所>へはどうやって行けばいいですか?」

④Please show me the way to <場所>. 「<場所>への道を教えてください。」

⑤Which way should I go ? 「どっちに行けばいいですか?」

 

①Where am I ? 「ここはどこですか?」

自分の現在地がわからなくなってしまった時に使えます。住所など言われてもわからないと思うので、地図を出して示してもらうと良いと思います。

道に迷う時って、自分の現在地がわからなくなっている時が多いな、と思ったので、「自分は方向音痴だ」と思う人は必ず覚えておきたいフレーズです。案外自分がどこにいるかわかれば、あっさり目的地にたどり着けることってありますよね。

 

②I want to go to <場所>. 「私は<場所>に行きたいです。」

自分の行きたい場所を説明する時に使います。③や④と併せて使ってください。

 

③How can I get to <場所> ? 「<場所>へはどうやって行けばいいですか?」/ ④Please show me the way to <場所>. 「<場所>への道を教えてください。」

目的地までの道を聞きたい時に使います。紹介しておきながらなんですが、目的地が遠い場合や道が複雑な場合にこの聞き方をすると、回答が長くて理解できないことがあります。

ああ、もうわからん・・・と思ったら、⑤が使えます。

 

⑤Which way should I go ? 「どっちに行けばいいですか?」

今からどっちに向かえばいいかを尋ねるフレーズです。シンプルな回答がもらえるので、リスニングが苦手でも安心です。

道を聞いたはいいけど正直聞き取れないと思った時、今からどっちに進めばいいか聞き、また進んだ先でどっちに進めばいいか聞き・・・と繰り返して行けば、いつかたどり着けます。

 

 

いかがでしたでしょうか。

どれもそう難しくないフレーズですが、いざ話すとなると意外とスラスラ出てこないものです。

何回も声に出して練習すれば、いつの間にか自然に口に出せるようになりますので、何回も何回もトライしてみてください。