「 英語 が苦手」だからこそ覚えたいフレーズ⑤〜料理を注文するとき〜

「 英語 が苦手」だからこそ覚えたいフレーズ⑤〜料理を注文するとき〜

ハローとサンキューぐらいしか 英語 を話せなかった私が、これが話せたら便利!と思うフレーズをご紹介する記事⑤です。

より丁寧な言い方やスマートな言い方など、言い方はいろいろありますが、とにかくシンプルで覚えやすく、そして通じるものです。

 

 

 

今回は、料理を注文する時に使うフレーズです。

食べるものはあんまりこだわりがなくて、胃に入ればいいや、と思っているわたしでも、

どうせならばローカルフードが食べたいなとか思ったりします。

そして、今まで食べたローカルフードのどれも結構美味しくて、食に興味ないと言っている割には、大満足して帰ることがよくあります。笑

 

 

①Can I order? 「注文してもいいですか?」

待てども待てども注文を聞きに来てもらえないことってありますよね。そんな時はこれです。最後に「please」をつけるとより丁寧になります。

 

②Could you wait a moment? 「ちょっと待ってください。」

①の逆で、まだ注文が決まってないのにオーダーを取りに来られることもありますよね。慌てて適当に注文せずに、ちょっと待ってもらいましょう。

 

③I’d like the  <料理名>. / I’ll have the <料理名> 「<料理名>をください。」

注文する時はこれです。料理名の発音に自信がなければ、メニューを指差しながら「I’ll have this one.」もOKです。

 

人気ホテルが最大50%OFF
250社の予約サイトから料金を一括比較
お得な宿泊プランをご案内
www.trivago.jp

 

④What do you recommend? 「オススメはどれですか?」

わたしが日本でもよく使うフレーズです。どれも美味しそうで決めれない時なんかに使います。まれに「Everything’s good!(全部美味しいよ)」と答えられちゃうこともありますが、その時は「Which is your best?(あなたはどれが一番好き?)」と聞くと、だいたいは一つに絞ってもらえます。

 

⑤Do you have local dishes?  「ローカルフードはありますか?」

これは入店前に聞いてもいいかなとも思うのですが、地元の名物を食べたい時に使います。

余談ですが、わたしが食べたローカルフードで印象に残っているのは、シャルティバルシチェイ(Šaltibarščiai)という、この文字と同じようなドピンクのスープです。ビーツ(豆)の冷製スープです。サワークリーム?ヨーグルト?が入っていて、さっぱりしていて美味でした。

英語

 

⑥How big is this dish? 「どのぐらいの大きさですか?」

これ結構重要なフレーズではないでしょうか?欧米やヨーロッパで料理を注文すると、信じられないぐらいの量が出てきたりしませんか?笑 値段でサイズを予想していても、はるかに上回ってくること、よくありますよね。笑 何人かでシェアするにしても、大きさを聞いておけば何皿ぐらい注文したらいいかの目安になりますし、特にお一人の場合は聞いておくことをお勧めします!

 

⑦That’s all. 「注文は以上です。」

注文の最後にこれを言いましょう。「一旦これで!」というニュアンスにする場合は「That’s all for now」といえば、またあとで注文するということも同時に伝えることができます。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

ご紹介しているのはできるだけ短くシンプルに伝える為の言い方ですので、もっとたくさんの言い方があります。慣れて来たら、周りの人たちがどういう言い方しているのか聞いて、真似してみるのも良いですね。

何回も声に出して練習すれば、いつの間にか自然に口に出せるようになりますので、何回も何回もトライしてみてください。

 

 

〜余談〜

最近、オンライン英会話始めました。

↓これ↓

今日が6回目というまだまだひよっこですが、日本で生活しているとなかなか英語話す機会がないので、日常的に自宅にいながら英語の練習ができて、なかなか良いです。いろんな国の先生と話ができるのも、興味深いところです。

一人でブツブツ練習するの恥ずかしいな〜というかた、お試し2回無料★なので、よかったらやってみてください。

経験を積んだら、詳しいレポート書きます!